株をはじめるためのサイト

実際に株取引を始める際の流れを紹介

1.証券会社に口座を作る
株取引を始めるための口座を証券会社に作る必要があります。
インターネット上で申し込むのが一番簡単です。現在、ほとんどのネット証券会社では無料で口座開設可能です。
たくさんの証券会社があるので、インターネット上でよく比較、研究しましょう。
2.口座に入金する
口座開設したら,口座へお金を振り込む必要があります。
預けたお金で株を売買するためです。100万円入金すれば、100万円分まで株を購入することが可能です。
入金の際に振り込み手数料がかかりますが、特定の金融機関であれば手数料が無料になるところもあります。
3.購入する銘柄を選ぶ
株価が上がりそうな銘柄を探します。
どれが値上がりしそうか選ぶ際は慎重に選びましょう。
4.「買い注文」を出す
インターネットを通じ、パソコンや携帯電話から簡単に注文することができます。
ネット証券会社の場合には証券マンとのやりとりは基本的になく初心者でも簡単に注文できます。
取引時間中(東京証券取引所は9時~15時)は、株価が上下します。
買いたい値段を入れ、その値段で売りたいがいれば取り引き成立になります。
この購入に必要なお金が証券口座から差し引かれ、代わりに持ち株が増えます。
この際、売買成立前であれば注文をキャンセルすることができます。

ここからは売るときは次の流れになります。
もちろん、お金がある限り、いくらでも他の銘柄も購入することはできます。

5.売り注文を出す
インターネットを通じ、パソコンや携帯電話から売り注文を出します。
6.取引成立
売りたい金額に対し、購入したい人がいれば取引成立となります。
持ち株が減り、売却分のお金が口座に入金されます。
7.再度、株を買う・預けておく・出金するなど
入金されたお金で別の銘柄を買ったり、そのまま証券口座に預けておくことも可能です。
現金化したければパソコンや携帯電話から出金手続きをします。
即日~数日で登録しておいた銀行口座に振り込まれます。