株をはじめるためのサイト

株とは何のこと?

株を一言で言うと「会社の一部」といえばよいのでしょうか。

通常、会社が株券を発行する目的は、「資金調達」であり、資金調達の一部を担うということは、実質的に「会社のオーナー」の一人になるということと同じ意味を持ちます。
2005年頃、ライブドアとフジテレビのひともんちゃくがありましたが、マスコミに大いに取り上げられ、株の力のすごさを多くの人が実感したのでないでしょうか。

あの当時、ライブドアはニッポン放送の株を過半数取得し、まさに、ニッポン放送はライブドアのものとなったのです。
株主になるということは、会社の経営まで影響を与えるということに世間がびっくりしたのです。

しかしながら、我々のような1個人投資家は、会社の過半数の株を取得するほどのお金を持っていません。
それゆえ、上記で述べたことは、なかなか気の遠い話になります。
私たち個人投資家が株を買う目的は、株券を購入し株主となり、個人オーナーの権利を手に入れることなのです。

株式市場とは何のこと?

「株の取引」は主に各地の証券取引所で行われます。

各地とは、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡などに証券取引所があります。
中でも一番有名なのは東京にある東京証券取引所(「東証」と略される)です。

新聞・ニュースなどでどこかの会社が、「東証一部上場を果たしました!」などというのを目にしませんか?
東証の後につく、一部、二部などとは、野球でいう一軍、二軍のようなものです。
二部で業績がよかったりすると、一部にあがることもあります。

つまり「東証一部」とは、一種のステータスになってるといえます。
企業が「東証一部」を目指すのはそれだけ企業の認知度、信頼度が大きく上がるためです。
もちろん、東証以外の証券取引所でも優良企業はたくさんありますが、東証一部が審査基準が非常に厳しいのです。
東証一部に上場していれば、それだけ、堅実でつぶれにくい会社であることがいえます。

また、上記とは別に、ジャスダック市場があります。
証券取引所には属さない市場で、ベンチャー企業、中小企業が中心となります。

値動きの激しい銘柄が多く、初心者には向きません。
株式投資に慣れるまでは東証一部から銘柄を選んだほうがよいでしょう。